So-net無料ブログ作成
検索選択

免許更新忘れ・うっかり失効した場合の対処法 [免許更新]

運転免許のうっかり失効をしてしまったとき、6ヶ月以内であれば講習と適正試験だけで再取得できますが、6ヶ月以上経ってしまった場合、仮免許を交付してもらい、運転免許試験上での学科試験と技能試験とに合格しなくてはいけません。

この運転免許試験上での技能試験がとてもハードルの高いもので、公認教習所の技能試験よりも難度はかなり高くなります。そこで、もうひとつの方法があります。公認教習所で、第2段階教習からすべてを受講すれば技能試験は公認教習所でとなりますので、ハードルは低いですが受講料がかかります。学科試験は運転免許試験場でとなりますが、これは大して問題ないでしょう。

運転免許試験場で技能試験一発合格を狙うか、お金を払ってでもハードルの低い方を選ぶかの二択になります。一発合格はまず無理なので数回は受けるはめになります。それでも費用的にはこちらの方が安くつきます。

いずれにせよ、費用からスケジュール調整といろいろ面倒なことばかりなので、うっかり失効は避けたいものですよね。そうならないように、ときどき免許更新の時期を確認するようにしましょう。
タグ:免許更新
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。