So-net無料ブログ作成
検索選択

免許更新に盛り込んでほしいこと [免許更新]

交通事故が依然頻発しています。原因の多くは前方不注意です。スピードの出しすぎは危険ですが、法廷速度を守っているように見えるドライバーでも多くは時速60km制限をオーバーして走行しているのがほとんどです。

流れもありますので、きっちり法廷速度とは言いませんが、メーターをしっかり見て、今時速何kmで走っているのかの自覚は必要です。一応、スピード違反していないように見える、漫然運転が事故につながるケースが多いです。

9月16日午前11時半ごろの茨城県での事故は、大型トラックに追突されたワンボックスカーが、前方のもう1台の大型トラックとの間に挟まれる形で、ワンボックスカー乗員のうち3人が意識不明の重体だということです。

事故原因を調べるまでもなく、大型トラック運転手の前方不注意が原因であることは火を見るより明らかです。携帯でもいじっていたのでしょうか。概して大型トラック運転手のマナーは極めて悪いです。少しくらいの飲酒なら当たり前という感じです。

このような事故を起こして人を殺めてしまった場合、住所指名はもちろん肖像まで公開して、ドライバーとしての資格を永久剥奪するくらいの重い刑罰にしなければ、痛ましい事故が減るとは思えません。

免許更新は、違反による行政処分に関わらず、可能なシステムになっています。停止期間はもちろん更新できませんが、停止期間が終わり免許が手元に戻れば、免許更新時期に何なく更新できるのです。起こした事故の悪質性に関わりなく。

事故を起こしたドライバーは今何を考えているのでしょうか。自分の免許停止のことや仕事への復帰のことしか考えていないかもしれません。こんな事故を起こすようなドライバーですから。
タグ:免許更新
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。